[運営/監修]小林司法書士事務所/木村会計法務事務所[お仕事/メディア取材/講演のご依頼]
資格試験・受験生・就活

[行政書士試験]行政書士になるには?受験資格・足切点・合格点・合格率など[情報屋先生の資格試験情報]

行政書士試験概要

今回は、行政書士試験の受験資格や合格率、試験スケジュールなどについてご紹介します。

受験資格・受験料・受験地・試験スケジュール

受験資格・受験料・申込方法

行政書士試験は、どなたでも受験することが出来ます。年齢や性別、学歴等に関係なく、受験資格に制限はありません。受験手数料は7,000円です。

受験申込の方法には、インターネットでの申込と、郵送での申込があります。受験料は、インターネットによる申込の場合はクレジットカードもしくはコンビニ決済で支払います。郵送の場合は、郵便局の窓口で支払います。支払いと引き換えに振替払込受付証明書を貰い、それを願書に貼り付けます。

情報屋先生
情報屋先生
行政書士試験はインターネット申込みが出来るので、郵送する手間が省けていいですね。

試験スケジュール・受験会場

行政書士試験は年1回、例年、11月の第2週の日曜日に実施されます。

日程 項目
7月末頃~8月末頃(インターネット) 受験申込受付
7月末頃~8月末頃(郵送)
11月第2週日曜日 試験
翌年1月下旬 合格発表

受験案内は、こちらの一般財団法人行政書士試験研究センターのホームページで公開されます。受験申込書等一式は、最寄りの行政書士会等で入手することができます。

行政書士試験は、例年、全国47都道府県の受験会場で実施されます。

誠実先生
誠実先生
行政書士試験は11月第2週の日曜日という、気候的にちょうど良い時期に実施されますね。合格発表が年を越えるので、結果を気にしながら年を越さないといけないですが…。

試験時間・試験形式・試験科目

行政書士試験は、11月の第2週の日曜日の13:00~16:00の3時間で実施されます。試験形式は、5肢択一式、多肢択一式、記述式の3形式あり、全60問出題されます。

試験科目は、①憲法(28点)、②行政法(112点)、③民法(76点)、④商法/会社法(20点)、⑤基礎法学(8点)、⑥一般知識等(56点)です。このうち、記述式問題が出題されるのは、②行政法と③民法です。

電卓先生
電卓先生
配点の高い②行政法と③民法でいかに得点するかが、合格を握るカギになってきます。

出願者数・受験者数・合格点・最終合格者数・合格率

過去5年の出願者数・受験者数・最終合格者数・合格率は以下のようになっています。

年度 申込者数(人) 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
R1 52,386 39,821 4,571 11.5%
H30 50,926 39,105 4,968 12.7%
H29 52,214 40,449 6,360 15.7%
H28 53,456 41,053 4,084 10.0%
H27 56,965 44,366 5,820 13.1%

行政書士試験の合格点は、例年300点満点中180点以上です。

ただし、法令等科目で122点以上、②一般知識等科目で24点以上得点しなくてはならず(=足切り点)、総合点で180点以上得点しても、①②の得点を取らないと不合格となります。

六法先生
六法先生
満点を取る勉強ではなく、合格点を取る勉強をすると、6割程の得点ができる勉強をすると良いということになりますね。どこで得点を稼ぐか得点計画を立てて、効率的に学習を進めると良いと思います。

勉強方法

行政書士試験の勉強方法には、①独学、②通信講座を受講する、③予備校の講座を受講するといった3つの方法があります。

司法書士や宅建士等、他の法律系資格を既に取得していたり、法学部卒の方等は、法律学習の経験があるので、市販のテキストや問題集を使って独学での合格も可能だと思います。

法律を全く初めて学ぶ方には、通信講座か予備校の講座を受講することをお勧めします。行政書士試験は独学でも合格可能な試験ですが、法律学習の初学者の方は、予備校の講義を受講することで、体系的に法律知識を身に着けられると思います。

情報屋先生
情報屋先生
私は独学で行政書士試験を受験しましたが、行政法に苦手意識がありました。予備校の講義を受けていたら、時間をかけずに苦手意識も克服できたのでは?思うことがあります。

行政書士試験講座を提供している人気の通信講座を紹介致します。

予備校名 特徴
アガルートアカデミー(公式サイト>>) R1年度受講生の合格率は72.7%(全国平均の6.32倍)。合格したら受講料全額返金。
資格スクエア(公式サイト>>) 満点ではなく合格点を取るカリキュラムが好評。AIで作成した予想問題集「未来問」が人気。
スタディング(公式サイト>>) 圧倒的な低価格、オンラインに特化した問題集などのツールが充実。
クレアール(公式サイト>>) 短期間で合格を目指すクレアール独自の「非常識合格法」が好評。
ユーキャン(公式サイト>>) 添削&質問サービスで安心して学習を継続。知名度抜群の大手通信講座。

決まった時間に教室に通って集中的に勉強したい、合格者を多数輩出している実績のある予備校で学びたい、自習室を利用したいといった方は、大手の資格試験予備校を利用することをおすすめします。教室受講を選択しても、Webフォローで講義を受講することができるので、万が一講義に欠席することがあっても安心です。

予備校名 特徴
LEC東京リーガルマインド(公式サイト>>) 2017年度受講生の合格率は65.7%(公式サイトより)。
資格の学校TAC(公式サイト>>) 2012~2018年度受講生の累計合格者数は1,234名(公式サイトより)。
伊藤塾(公式サイト>>) 合格後の活躍もサポート。講師による直接指導カウンセリングや24時間365日いつでも受付個別質問制度も好評。
辰巳法律研究所(公式サイト>>) 法律系資格試験講座に特化した予備校。行政書士受験界の有名講師山田斉明先生の講座あり。

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ 

このエントリーをはてなブックマークに追加