[運営/監修]小林司法書士事務所/木村会計法務事務所[お仕事/メディア取材/講演のご依頼]
資格試験・受験生・就活

テキスト派vs過去問派。司法書士試験勉強に六法は必要?[情報屋先生の資格試験情報]

司法書士試験テキスト派vs過去問派+六法

テキストを読み込んでインプット中心の勉強をする「テキスト派

過去問を何度も繰り返し解いてアウトプット中心の勉強をする「過去問派

司法書士試験の勉強の仕方には、大きく2つの勉強方法があります。

また、司法書士試験に合格するためには、「六法の活用は必要か否か」という議論もあります。

今回は、4人の司法書士で司法書士試験の勉強方法について話した内容をご紹介します。

勉強はテキスト派?過去問派?

電卓先生
電卓先生
過去問を繰り返し何度も勉強する人がいるけど、過去問は”過去”問であって、過去問を中心に勉強するのは効率が悪そうだよね。
誠実先生
誠実先生
そうですね。過去問を解いて、そこからどれだけ関連知識を引っ張ってきたり、派生論点を確認したり出来るかが勉強であって、過去問だけをただ解いていてもダメだよね。
六法先生
六法先生
ホントそうだよな。俺は過去問はほとんど解かずに六法を中心に勉強していたよ。
情報屋先生
情報屋先生
私は合格年度の択一式の勉強は、過去問だけを解いて勉強していたよ。過去問至上主義。
3人の先生
3人の先生
え!そうなんだ…。
情報屋先生
情報屋先生
合格年度の前年度まではテキスト中心の勉強をしてたんだけど、どうも記憶に定着しない感じがしてたので、合格年度は過去問を沢山解いて覚えるようにしてたかな。
誠実先生
誠実先生
インプットとアウトプットの両輪で勉強することが大切ですよね。情報屋先生も前年度までにインプット中心の勉強をしていたから、合格年度はアウトプットの方に重きをおいてやっていた感じですね。自分に必要な勉強法を見極めて、勉強法を変えていくのは大事なことですね。

合格した年の勉強方法を同期に聞いてみると、テキスト中心の勉強をして合格した人もいるし、過去問中心で合格した人もいます。中にはテキストも読まず過去問も解かずに六法で条文を覚えて合格したという人もいます。

試験に合格するのに、一律的にこれが正しいといった勉強方法はないと思います。

テキストを読み込んでインプット中心の勉強ををした方が得点に繋がる人もいれば、過去問を何度も解いてアウトプットをしながら知識を整理していく勉強方法が合っている人もいます。

どのような勉強方法を採用するにしても、自分の実力を伸ばすのに適した勉強方法を早い段階で確立させることが大切です。自分にしっくりくる方法で勉強を進め、それが得点アップに繋がるのであれば、それが自分に取って正解の勉強方法だと思います。

六法先生
六法先生
合格体験記や合格者のブログとかで「私はこんな勉強方法で合格しました」みたいな記事を見かけるけど、同じように勉強しても合格するとは限らないよね。そういった情報は参考にはなるけど、自分に合った勉強方法は自分にしか分からないからね。

受験勉強に六法は必要か?

電卓先生
電卓先生
受験生の時に六法は全然使っていなかったんだけど、みんなはどう?TACのカリキュラムでは、六法を使う事を特に推進もされていなかったんですよね。
情報屋先生
情報屋先生
私も六法は使っていませんでした。六法に書いてあることを分かりやすく解説してくれているのがテキストだと思っていたので、テキストを読むので必要十分かなと。
誠実先生
誠実先生
私は使っていました。初学者の頃は六法を使っていなかったけど、途中から勉強方法を変えて、問題を解いた後に六法を引いて条文を確認するようにしていました。本試験で出た条文には赤、答練で出た問題には青で条文に線を引くことで、あとで見た時にどの条文が出題されたかが一目で分かるようにしていました。六法を引く作業をすることで、覚えていってたというのもあるかも。
六法先生
六法先生
俺も答練や模試の問題を解いた後には六法で条文を確認していたな。テキストは条文の内容を分かりやすく解説してくれてるけど、その分読む文章量が多くなるよね。六法だと、条文だけを端的に確認できるのが良かったかな。スマホアプリの六法だと、外出中でもすぐに確認できるのも良い。六法の条文だけでは分かりにくいものは、ネットで解説記事を探して読んでいたよ。
情報屋/電卓先生
情報屋/電卓先生
会社法の条文読みにくいし、時間かからない?
誠実先生
誠実先生
会社法の条文めちゃ読んでたよ。準用条文をその都度調べて覚えていった。ワードやエクセルで会社法の条文をまとめたりしていたよ。
情報屋/電卓先生
情報屋/電卓先生
へー。六法についての考え方もみんなそれぞれだね。

「法律の勉強=六法が必須」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、司法書士試験に合格するための受験勉強に六法の活用が必要か否かは、意見が分かれるところです。

試験に必要な条文を分かりやすく解説してまとめているのがテキストだから、テキストの内容を押さえておけば六法を活用する必要はないという人もいれば、六法を引くことで試験に必要な知識を効率的に身に着けられるという人もいます。

予備校の指導方法においても、六法で条文を確認することを推奨している講師もいれば、六法は全く必要ないという講師もいます。

六法先生
六法先生
「六法も引かずに勉強するなんて法律家になる者の勉強方法ではない」みないな意見は無視して良いよな。テキスト中心で勉強するか過去問中心で勉強するかの話と同じように、六法を活用するかどうかも、結局は自分次第なんだよな。

★2020/11/19追記★
気になる資格がみつかるサイト「資格Hacks」さんの”資格合格者の体験談から学ぶ!資格勉強モチベーションアップ方法“というページで、この記事が紹介されました。

「資格Hacks」さんはビジネス系や趣味系等、様々な資格の紹介をされています。資格に関する有益情報が沢山掲載されていますので、是非ご訪問ください。

「気になる資格がみつかるサイト・資格Hacks」さんのサイトはこちら

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ 

このエントリーをはてなブックマークに追加