[運営/監修]小林司法書士事務所/木村会計法務事務所[お仕事/メディア取材/講演のご依頼]
資格試験・受験生・就活

司法書士試験は受けやすい試験?でも難関試験であることには変わりない[情報屋先生の資格試験情報]

司法書士試験は受けやすい

司法書士試験には筆記試験と口述試験があり、毎年1回実施されます。

筆記試験の試験時間は午前2時間、午後3時間の計5時間で実施され、筆記試験の合格者のみ口述試験を受験することができます。口述試験の試験時間は10~15分程度です。

司法書士試験の令和元年度の最終合格者の平均年齢は40.08歳となっており、幅広い年齢層の方が受験し合格されています。

合格率は3~4%程度であり、難関国家資格と呼ばれていますが、司法書士試験のメインである筆記試験は日曜日の1日で実施されます。

1日で勝負が決まるシビアな試験ではありますが、数日間に渡って実施される司法試験や公認会計士試験に比べると日程調整がしやすく、受験資格にも制限がないため、受験すること自体のハードルは低い試験であると言えるかもしれません。

司法書士試験は受けやすい試験?

電卓先生
電卓先生
司法書士試験は難関資格と言われていますが、試験(筆記試験)は1日5時間で終わるので、受験しやすい試験ではありますね。私は公認会計士と税理士の資格を持っていますが、公認会計士試験と税理士試験は、複数日程にわたって試験が実施されます。
誠実先生
誠実先生
予備試験・司法試験や不動産鑑定士試験も、試験日は複数日程ですね。宅建士試験や行政書士試験は、司法書士試験と同じ1日で実施されますね。

「○○士」と呼ばれる資格者の中でも、戸籍や住民票などを職務上請求できる士業「⓵弁護士、②司法書士、③土地家屋調査士、④税理士、⑤弁理士、⑥社会保険労務士、⑦行政書士、⑧海事代理士」をまとめて「8士業」と呼ぶことがあります。8士業の試験時間は以下のようになっています。

士業名 試験日 試験時間
⓵弁護士(司法試験) 4日
(論文式3日、短答式1日)
論文式:1科目2or3時間
短答式:1科目50分or1時間15分
②司法書士 筆記試験:1日
口述試験:1日
筆記試験:5時間
口述試験:10~15分程度
③土地家屋調査士 筆記試験:1日
口述試験:1日
筆記試験:4時間30分(※午前2時間は免除規定あり)
口述試験:10~15分程度
④税理士 3日 1科目2時間(11科目中5科目合格必須)
⑤弁理士 短答式:1日
論文式(必須科目):1日
論文式(選択科目):1日
口述式:1日
短答式:3.5時間
論文式(必須科目):5時間
論文式(選択科目):1.5時間
口述式:10分程度
⑥社会保険労務士 1日 4時間50分
⑦行政書士 1日 3時間
⑧海事代理士 筆記試験:1日
口述試験:1日
筆記試験:6時間20分
口述試験:12分
六法先生
六法先生
しかし、あの膨大な試験範囲の量を、5時間の試験時間の中におさめた問題が出題されるので、勉強する量に対して出題数が見合っていないような気もしますね…。たくさん勉強しても、出題されない知識の方が多いような。
情報屋先生
情報屋先生
そうですね。模試で合格判定を継続的に得ている人でも、なかなか受からないといった現状は、そういったところにも要因があるのかもしれませんね。私の受験仲間にも、模試では良い結果を残しているのに、なかなか合格しない方がいました。

司法書士試験の出題科目は11科目※です。
※⓵憲法、②民法、③刑法、④商法/会社法、⑤民事訴訟法、⑥民事執行法、⑦民事保全法、⑧司法書士法、⑨供託法、⑩不動産登記法、⑪商業登記法

筆記試験の出題形式には多肢択一式(全70問)と記述式(全2問)があり、5時間の試験時間の中で11の全ての科目について出題されます。出題範囲とされている内容に比べて試験時間が短く出題数も少ないため、学習しても出題されない内容が多くあります。

試験の難易度を上げる基準点の設定

六法先生
六法先生
司法書士試験には択一式・記述式試験ともに基準点と言われる足切点が設定されていますが、択一式の基準点の設定は、最低限のレベルに達していない人を落とすためではなく、実質合格レベルにある人も落としてしまうような感じですよね。

司法書士試験の難易度を上げている理由の一つには、筆記試験に基準点と言われる足切点が設定されている点にあります。基準点は⓵午前択一式試験、②午後択一式試験、③記述式試験それぞれに設定されていて、どれか一つでも基準点を下回ると、それだけで不合格になります。

司法書士試験の基準点は、基礎が出来ていれば突破できるという見解もありますが、司法書士試験の”基礎”と言われる範囲は幅広く、基礎が出来ていても受験年度の問題との相性で、合格レベルにあると言われる受験生でも、基準点を下回る結果になることもあります。

誠実先生
誠実先生
択一式試験の1問の失点が命取りになる恐ろしい試験ですね。実際、最近は択一式試験で基準点にどれだけ上乗せ点をとれるかという択一式勝負のような傾向はありますね。択一式試験で上乗せ点を取って逃げ切りできたら、記述式試験は基準点さえ下回らなかったら良いみたいな。

以前に比べて近年は、基準点と総合合格点の差が開きつつあり、基準点をただ超えるだけでなく、基準点にプラスして相当の上乗せ点を得点しないと合格が難しくなっています。基準点からの上乗せ点は、択一式試験で稼ぐ受験生が多い傾向にあります。

電卓先生
電卓先生
確かに勝負が択一式試験みたいなところはありますね。でも司法書士試験はマークシート形式の出題比率が高いので、その点では論文式試験が課される試験よりも受験しやすいと思います。公認会計士試験は専業で勉強して合格される方が多いですが、司法書士試験は仕事をしながらの兼業でも合格できる可能性は高い試験ですよね。
情報屋先生
情報屋先生
同期に話を聞いていると、感覚では専業と兼業の比率は半々くらいかな。司法書士事務所で補助者として働きながら勉強して合格した方も結構いますね。

司法書士試験はシビアな試験ですが、論文式試験はありません。択一式試験の勉強は細切れの時間を活用して学習が出来るため、論文式試験が課される試験よりは受験勉強がしやすく、専業受験生でなくても仕事や子育てをしながら兼業受験生として合格を目指せる試験であるという意見もあります。

しかし司法書士試験には問題文の内容を読み取って登記申請書の内容を検討し書き上げる記述式試験がありますので、まとまった時間をとって勉強する時間も必要です。

電卓先生
電卓先生
3~4%という司法書士試験の合格率を見ると難関試験には変わりありませんが、司法書士筆記試験は1日5時間で試験が実施され、択一式試験で基準点からの上乗せ点を確保して合格を目指せる試験であるため、考えようによっては数日間に渡って実施される論文式試験の課される試験よりは受験自体はしやすい試験であるかもしれませんね。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ 

このエントリーをはてなブックマークに追加