[運営/監修]小林司法書士事務所/木村会計法務事務所[お仕事/メディア取材/講演のご依頼]
コラム・その他

[コラム]公正証書遺言作成の証人立会をした話

コラム5公正証書遺言作成と証人立会

今日は、公正証書遺言の立会に行ってきた時の話を書こうと思います。

民法の規定では、公正証書遺言は以下の方式に従って作成することになっています。

  1. 証人2人以上の立会いのもと(民法969条1-1)、
  2. 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授し(民法969条1-2)、
  3. 公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させ(民法969条1-3)、
  4. 遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押します(ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事由を付記して、署名に代えることができます)(民法969条1-4)。
  5. 最後に、公証人が、この公正証書遺言が先に挙げた方式に従って作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押して作成します(民法969条1-5)。

しかし実際は、事前に公証人と遺言者(又は遺言者から依頼を受けた資格者)が遺言書の内容を打ち合わせし、公証人が予め公正証書遺言の文案を作成しておきます。現場では、それを公証人が読み上げ、遺言者と証人が内容に間違いがないかを確認します。

公正証書遺言を作成するには、遺言者に関するものとして、以下の書類が必要です※。
※公証役場や遺言内容によって、追加で必要となる書類もあります。追加で提出する書類が必要な場合は、事前の打ち合わせで公証役場から提出を求められますので、速やかに準備をして提出するようにします。

  • 遺言者の本人確認書類(運転免許証等)
  • 遺言者の印鑑証明書
  • 遺言者の戸籍謄本
  • (不動産がある場合)不動産の登記事項証明書(又は登記情報)
  • (不動産がある場合)不動産の固定資産税納税通知書(又は固定資産評価証明書等、不動産の評価額の分かるもの)

また現金や預貯金がある場合は、その額、銀行口座の情報を、遺言者に関する情報として遺言者の職業を公証人へ伝えます。公正証書遺言作成の当日は、実印で遺言書へ押印をしますので、実印も必要です。

推定相続人や受遺者に関する必要な書類は以下になります。

  • 遺言者の推定相続人の戸籍謄本(遺言者と推定相続人の続柄が分かるもの)
  • (推定相続人以外の方へ遺贈する場合)その方の住民票の写し

証人に関するものとして必要な書類は、「証人の本人確認書類(運転免許証等)」です。また、証人の職業も事前に公証人へ伝えておきます。証人は遺言書へ押印をしますが、実印ではなく認印でかまいません。

遺言者が証人を用意できない場合は、証人の選任を公証人へお願いすることもできます。

尚、公正証書遺言を作成するには、証人2名の立会が必要ですが(民法969条1-1)、未成年者、推定相続人及び受遺者並びにこれらの配偶者及び直系血族、公証人の配偶者・四親等内の親族・書記及び使用人は証人の欠格事由とされており、証人になることはできません(民法974条)。欠格事由に該当する証人が立ち会って作成された遺言書は無効になります。

公正証書遺言作成当日の話

今回の公正証書遺言の作成は、公証役場でおこないました※。
※遺言者が入院している等の理由で公証役場へ行けない場合は、病院や施設等の公証役場以外の場所で作成をおこなうこともあります。

開始予定時刻の10分前に、公証役場で遺言者ともう一方の証人と待ち合わせをしていたので、待ち合わせ時刻ちょうどにいったのですが、遺言者は既にいらっしゃっていました。

遺言者
遺言者
遅れてはいけないと思って、早めに家をでました。

とのことでした。ほどなくしてもう一方の証人の方が来たので、開始予定時刻より少し早かったのですが、公証役場の事務員さんへ遺言者と証人2人が揃ったことを伝えて、中の部屋へ通して貰いました。

部屋に入って着席し、しばし雑談をした後、ほどなくして公証人がいらっしゃいました。

始めに公証人の簡単な自己紹介があった後、公証人から今からおこなう公正証書遺言作成の流れの説明がありました。説明が終わった後、遺言者の本人確認書類と印鑑証明書、証人の本人確認書類を公証人へ提示し、公証人が本人確認をおこないました。

文案は既に作成されており、原本は公証人の手元に、正本は遺言者へ、謄本は証人へ手渡されました(謄本は一通なので、一通の謄本を証人2人で見るかたちです)。尚、原本は公証人と遺言者・証人が署名捺印したもので、公証役場に保管されます。正本は原本の写しであり、原本と同じ効力があります。謄本も原本の写しですが、正本とは異なり原本と同じ効力を証明するものではありませんが、原本の内容を確認する書類として交付されます。

公証人が遺言書の内容を読み上げ、遺言者と証人2人で内容を確認します。事前に打ち合わせした内容で作成された文案を確認していたので間違いはないはずですが、万が一間違いがあってはいけないので、公証人が読み上げるのと同時に、手元に置いていた戸籍謄本や登記情報の内容と照らし合わせて内容を確認していきました。

読み上げが終わり、公証人から遺言者と証人2人に対して内容に間違いがないか確認があったので、間違いない旨を伝えました。最後に、遺言者・証人2人が原本へそれぞれ署名捺印し、遺言者から公証人へ遺言書作成費用をお支払いして終了しました。所要時間は20分程でした。

公証人と公証役場の事務員さんへ挨拶を済ませ、公証役場を後にしました。

遺言者
遺言者
無事に遺言書を作成できて安心しました。ありがとうございました。

帰り際に遺言者からこんなことを言われました。

遺言は、遺言者の生前の意思を遺された大事な家族等に伝える大切な文書。作成に至る迄には、これまでの人生を振り返り、家族や大切な方との関係を見つめ直しながら作成されたことと思います。

そう言った遺言者の顔は、どこか晴れ晴れした顔をしていたように見えました。

 

遺言作成に関する相談・依頼>>

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ 

このエントリーをはてなブックマークに追加