[運営/監修]小林司法書士事務所/木村会計法務事務所[お仕事/メディア取材/講演のご依頼]
資格試験・受験生・就活

[宅建士試験]宅建士になるには?受験資格・合格点・合格率など[情報屋先生の資格試験情報]

宅建士試験概要

宅地建物取引士(以下、宅建士)は、司法書士ととても深い関わりのある資格者です。不動産取引の場面では、宅建士が不動産売買を仲介し、司法書士がその不動産の登記手続きをします。

今回は、宅建士試験の受験資格や合格率、試験スケジュールなどについてご紹介します。

受験資格・受験料・受験地・試験スケジュール

受験資格・受験料・申込方法

宅建士試験は、誰でも受験することが出来ます。年齢や性別、学歴等に関係なく、受験資格に制限はありません。受験料は7,000円です。

受験申込の方法には、インターネットでの申込と、郵送での申込があります。受験料は、インターネットによる申込の場合はクレジットカードもしくはコンビニ決済で支払います。郵送の場合は、郵便局の窓口で支払います。支払いと引き換えに払込証明書を貰い、それを願書に貼り付けます。

情報屋先生
情報屋先生
宅建士試験の人気は近年上昇していて、受験者数・合格者数ともに増加傾向にあります。

試験スケジュール・受験会場

宅建士試験は年1回、例年、10月の第3週の日曜日に実施されます。

日程 項目
7月1日~7月15日(インターネット) 受験申込受付
7月1日~7月30日(郵送)
10月第3週日曜日 試験
12月の第1水曜日又は11月の最終水曜日 合格発表

受験案内は、こちらの一般財団法人不動産適正取引推進機構のホームページで公開されます。受験申込書等一式は、最寄りの宅建協会や全国の大手書店で入手することができます。

宅建士試験は全国の受験会場で実施されますが、原則、現住所の都道府県の会場での受験になります。

誠実先生
誠実先生
試験は年に1回のみ実施されます。試験の日に実力のピークをもってこれるように、計画的に学習を進めましょう。

試験時間・試験形式・試験科目

宅建士試験は、10月の第3週の日曜日の13:00~15:00の2時間で実施されます。試験形式は、4肢択一式(マークシート)、全50問です。

試験科目は、①民法等(14問)、②法令上の制限(8問)、③宅建業法(20問)、④税・その他(8問)の4科目です。

電卓先生
電卓先生
登録講習を受講して修了試験に合格した方は、5問(④税・その他の一部)の免除を受けることができます。

出願者数・受験者数・合格点・最終合格者数・合格率

過去5年の出願者数・受験者数・合格点・最終合格者数・合格率は以下のようになっています。

年度 出願者数 受験者数 合格点 最終合格者数 合格率
R1 276,019人 220,797人 35点 37,481 17.0%
H30 265,444人 213,993人 37点 33,360 15.6%
H29 258,511人 209,354人 35点 32,644 15.6%
H28 245,742人 198,463人 35点 30,589 15.4%
H27 243,199人 194,926人 31点 30,028 15.4%
六法先生
六法先生
宅建士試験の合格点は31点~37点(50点満点)の間で推移しています。およそ7.5割の得点率で合格することができます。合格率は例年15~17%です。

勉強方法

宅建士試験の勉強方法には、①独学、②通信講座を受講する、③予備校の講座を受講するといった3つの方法があります。

宅建士試験は、独学でも合格することができます。独学では、自分にあったテキストと問題集を選ぶことが大切です。また、本試験までに合格点を取れるための学習スケジュールを自分で立てて、計画的に学習を進める必要があります。

情報屋先生
情報屋先生
私も独学で宅建士試験に合格しました。

宅建士試験の受験生には、社会人の方も多くいます。なかなか勉強時間が取れない中でも短期間で合格したい、効率的に勉強したいといった方は、低価格でスキマ時間にスマホや自宅で講義を視聴できる通信講座を受講することを検討すると良いと思います。

宅建士試験講座を提供している人気の通信講座を紹介致します。

予備校名 特徴
アガルートアカデミー(公式サイト>>) R1年度受講生の合格率は55.6%(全国平均の3.27倍)。合格したら受講料全額返金。
資格スクエア(公式サイト>>) R1年度受講生の合格率は79%。AIで作成した予想問題集「未来問」が人気。
スタディング(公式サイト>>) 圧倒的な低価格、オンラインに特化した問題集などのツールが充実。
クレアール(公式サイト>>) 得点源になる 「宅建業法」から学習を始めるのが特徴的。
ユーキャン(公式サイト>>) 開講実績30年以上のいわずと知れた信頼の大手通信スクール。

決まった時間に教室に通って集中的に勉強したい、合格者を多数輩出している実績のある予備校で学びたい、自習室を利用したいといった方は、LECやTACといった大手の資格試験予備校を利用することをおすすめします。教室受講を選択しても、Webフォローで講義を受講することができるので、万が一講義に欠席することがあっても安心です。

予備校名 特徴
LEC東京リーガルマインド(公式サイト>>) R1年度受講生の合格率は75.1%。
資格の学校TAC(公式サイト>>) R1年度受講生の合格者数は1,285名。

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ 

このエントリーをはてなブックマークに追加