[運営/監修]小林司法書士事務所/木村会計法務事務所[お仕事/メディア取材/講演のご依頼]
税金・特例/控除

路線価図、評価倍率表の調べ方、見方(電卓先生の税金解説)

税金14:路線価図の見方

電卓先生
電卓先生
こちらの記事で路線価方式、倍率方式の大まかな評価方法については解説しましたが、そもそも評価したい土地が路線価地域なのか、倍率地域なのか、また、路線価や倍率はどうやって調べるのかについて解説したいと思います。

路線価図の調べ方

路線価方式の宅地の評価額=路線価×各種補正率×地積

調べた路線価に地積を乗じることで大まかな宅地の評価額を算出することができます。

路線価図の調べ方

  1. 国税庁の路線価図HPを開きます。
  2. 調べたい都道府県を選択します。
  3. 「路線価図」を選択します。
  4. 市区町村が表示されますので、調べたい市区町村を選択します。
  5. 地名(町又は大字)が表示されますので、調べたい地名(町又は大字)を選択します。
  6. 選択した地名の路線価図が表示されます。
参考

左にある接続図で隣接する路線価図に移動できます。

路線価図の説明

路線価図上部には以下のような表があります。

これは地区区分を示すもので、各種補正を行うときに利用します。

また、路線価上部には以下のような表もあります。

これは借地権割合を示すもので、賃貸借している場合の評価を行うときに利用します。

路線価図の具体的な見方

路線価はその道路に面した1㎡あたりの価額千円単位で表示しています。
具体的に見てみましょう。

この場合は「ビル街地区」「1㎡あたり路線価2,820,000円」「借地権割合80%」となります。

地方の路線価図も見てみましょう。

具体的に以下の場所であれば

「普通住宅地区」「1㎡あたり路線価31,000円」「借地権割合50%」となります。

一方、以下のような記載の場所もありますね。

この地域は倍率地域(路線価が設定されていない地域)であることを示しています。
この場合は、評価倍率表を確認することになります。

評価倍率表の調べ方

倍率方式の宅地の評価額=固定資産税評価額×倍率

調べた倍率に固定資産税評価額を乗じることで土地の評価額を算出することができます。

評価倍率表の調べ方

  1. 路線価図と同じHPを開きます。
  2. 調べたい都道府県を選択します。
  3. 「評価倍率表 一般の土地等用」を選択します。
  4. 市区町村が表示されますので、調べたい市区町村を選択します。
  5. 選択した地名の評価倍率表が表示されます。

評価倍率表の具体的な見方

具体的に国税庁HPの事例で見てみましょう。

「又野」という地区は、農業振興地域内の農用地区域に該当するかどうかで評価が異なることになります。
農業振興地域内の農用地区域以外の場合、宅地であれば固定資産税評価額に宅地の倍率1.1を乗じて評価額を算出します。

一方、「三ヶ木」という地区は、宅地の倍率の欄に「路線」と記載されています。この地域には路線価が設定されている地域であり、路線価方式によって評価することになります。したがって、路線価図の方を調べましょう。

例えば大阪市福島区だと全地域路線価地域であることが分かります。

一般的に、市街地が形成されている地域を中心に路線価は設定されていますので、市街地を調べたいときは路線価図から、地方で市街地が形成されていない場所などを調べたいときは評価倍率表から見ていくのが効率的です。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ 

このエントリーをはてなブックマークに追加