[運営/監修]小林司法書士事務所/木村会計法務事務所[お仕事/メディア取材/講演のご依頼]
資格試験・受験生・就活

司法書士事務所への就職・転職[情報屋先生の資格試験情報]

司法書士事務所の就職と転職

情報屋先生
情報屋先生
司法書士事務所に就職・転職する際には、何を基準にして選びますか?業務内容?給料?今回は就職・転職に役立つ司法書士事務所についての特徴についてまとめました。

給与・福利厚生・残業について

司法書士事務所の形態には、「司法書士法人(以下、法人)」と、「個人事務所」があります。

一概には言えませんが、法人の給与水準は個人事務所より高い傾向にあり、社会保険を完備しているところが多いです。また、残業代もきっちり支払われるところが多く、福利厚生が充実しているところもあります。人事評価の基準がきっちりと決まっているところも多いです。

一方、個人事務所では、給与水準は事務所によって異なりますが、社会保険が完備されていない事務所もあります。

応募する際には、給与・社会保険の有無・残業時間・福利厚生・人事評価基準などをきちんと確認するようにしましょう。

4人の先生
4人の先生
(残業が慢性化している事務所/法人もありますね。大卒平均初任給のよりも低い給料の事務所もあります。また、昇給率も事務所によってまちまちです。)

業務内容

司法書士の仕事には、不動産登記、商業登記、債務整理、成年後見、債務整理、家族信託などがあります。司法書士事務所には、それぞれ得意とする分野やある業務範囲に注力して仕事をしている事務所が多いです。

また、法人では一棟マンションの登記を全て請け負うなど、比較的規模の大きな仕事を請け負うことも多く、個人で携われる業務量が多い傾向にあります。個人事務所では、少人数で運営しているところが多いので、相談や依頼のあった様々な種類の仕事に携われるといった特徴もあるようです。

事務所によって経験できる仕事が異なってくるので、自分が何をしたいのか、どういったキャリアパスを描くのかを把握した上で、事務所選びをする必要があります。

転職・離職する時期

転職を考えるのは、今の事務所では経験できない業務を経験したくなった時、家庭の都合で勤務場所や勤務時間を変えたくなった時、事務所での人間関係の折り合いが悪くなった時など、一般的な転職理由と同じような理由で転職を考えることが多いようです。

また、これまで専業受験生だった方で、司法書士事務所に初めて就職する方は、合格発表があった後、新人研修が終わった後のタイミングで就職活動を始める方もいらっしゃいます。

月会費・新人研修費・登録費

司法書士は、所属する司法書士会に毎月会費を支払います。会費を事務所が負担する事務所もありますし、個人で負担する事務所もあります。

また、新人研修費用や、司法書士登録費用についても事務所が負担するところもあれば、個人で負担することもあります。

就職・転職する方法

司法書士試験に合格した後のルートには、司法書士事務所/法人に勤める、独立開業する、予備校講師になる、一般企業に勤めるなどがありますが、多くの方はどこかの司法書士事務所・法人に就職します。

就職・転職する方法としては、知人の紹介やハローワークなどの求人情報から応募する他、司法書士協同組合からの紹介があります。協同組合に履歴書を置いておくと、ニーズがマッチする事務所から連絡を受けることができます。

また最近では、転職エージェント/サービスを利用する方も増えています。士業の就職・転職を支援するサービスとしては、『MS-Japan』や『リーガルジョブボード』、『LECプロキャリア』が人気のようです。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ 

このエントリーをはてなブックマークに追加