[運営/監修]小林司法書士事務所/木村会計法務事務所[お仕事/メディア取材/講演のご依頼]
コラム・その他

[コラム]司法書士へ相談・依頼したいと思った時に、よくある疑問

コラム2司法書士への相談依頼

今回は、司法書士へ相談・依頼したいと思った時に、一般の方がよく抱かれる疑問についてまとめました。ご参考ください。

Q.相談は無料で乗ってくれますか?

A.初回相談を無料としている事務所もありますし、初回相談○分○円としている事務所もあり、事務所によってマチマチです。

司法書士へ相談をする際は、事前にその事務所へ相談料の有無の確認をすることをおすすめします。

また、各地域の司法書士会では相談窓口を設けていますので、そちらもご参考ください。

参考:大阪司法書士会の相談窓口のページ

情報屋先生
情報屋先生
相談をした後に仕事を依頼するか否かは、相談された方が決めることですので、「相談だけしたい」といった場合でも安心してご相談ください。

Q.司法書士に仕事を頼むと、いくらかかりますか?

A.司法書士の報酬については、各司法書士が報酬基準を決めることができます。また、案件の内容によって異なりますので、一概にはお答えしかねます。

ただし、司法書士には「報酬の基準を明示する義務」があります。

司法書士法施行規則

第二十二条 司法書士は、法第三条第一項各号に掲げる事務を受任しようとする場合には、あらかじめ、依頼をしようとする者に対し、報酬額の算定の方法その他の報酬の基準を示さなければならない。

電卓先生
電卓先生
以前は一律の報酬基準がありましたが、平成14年に撤廃され、平成15年からは各司法書士が、その責任において報酬を決められるようになりました。

Q.司法書士に相談しても良い内容なのか分からないのですが…

A.司法書士の業務は、司法書士法という法律によって定められています。

相談内容によっては、法律の定めによって相談や依頼を受けかねることがあります。その場合でも、適切な機関や士業(ex.弁護士,行政書士等)をご紹介することができますので、「司法書士に相談しても良いのだろうか?」と思った場合でも、一度ご相談ください。

六法先生
六法先生
地方にある不動産の相続登記を、自宅の近くの司法書士へ依頼しても良いものか悩まれる方がいらっしゃいます。不動産登記の申請は郵送やインターネットで申請することができますので、自宅から遠く離れた不動産の登記に関することでも、近くの司法書士へ相談・依頼することができます。

Q.司法書士に仕事を依頼する時は、皆さんどのようにして司法書士を探していますか?

A.家を買うとか、相続で家の名義変更をする場合は、知り合いの紹介だったり、自宅の近くの司法書士事務所に頼むことが多いようです。また、不動産を新しく買う場合は、不動産業者や融資銀行が司法書士を指定することもあります。

債務整理を依頼する時は、CMやホームページで司法書士を探して依頼することが多いようですね。不動産の登記とは違って、あえて自宅から遠いところの事務所を探して依頼される方もいるようです。

また、地域の司法書士会、日本司法書士連合会のホームページで、登録されている司法書士を探すこともできます。

参考:日本司法書士連合会の司法書士検索のページ

誠実先生
誠実先生
付き合いのある業者からの仕事を主に受注している事務所、広く一般の方から仕事を受注している事務所等、司法書士事務所によってもお客様との付き合い方が違ったりしますね。当事務所でも相談・お仕事の依頼を本サイトのお問合せページから承っていますので、お気軽にお問合せください。

Q.司法書士事務所はどこにありますか?

司法書士事務所を構える場所に制限はありませんので、日本国内であればどこにでも司法書士事務所を構えることができます。

田舎の司法書士事務所は、飛び込みのお客様でも入りやすいように、1階の路面に面した場所に事務所を構える傾向にあるようです。都会の場合は、ビルの2階以上のフロアに事務所を構えているところも多々あります。

六法先生
六法先生
田舎の場合は、司法書士が法務関係のヨロズ屋相談所的な立ち位置にあることが多いので、事務所に入りやすいようにしているところが多いようですね。

Q.司法書士事務所には個人事務所と法人がありますが、どのような点が違いますか?

A.司法書士法人は、一般の企業と近い業態で組織を運営していることが多いです。例えば、司法書士の他に、司法書士の補助業務に従事する部門、事務を専門にする部門、総務部門などを抱えていたりします。

一方、個人事務所は少数で運営していることが多いですね。

個人事務所に仕事を依頼しても、法人に仕事を依頼しても、司法書士という国家資格者が業務を遂行するので、必ず一定のクオリティを保った仕事がされます。どちらに依頼する場合でも、安心して相談・仕事を依頼して下さいね。

司法書士への相談・依頼>>

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ 

このエントリーをはてなブックマークに追加