[運営/監修]小林司法書士事務所/木村会計法務事務所[お仕事/メディア取材/講演のご依頼]
資格試験・受験生・就活

[司法書士試験]本試験当日のルールとルーティン[情報屋先生の資格試験情報]

司法書士試験当日のルール

今回は、本試験当日にやると決めていた自分なりのルールやルーティンについて、4人の司法書士で話した内容をご紹介します。

情報屋/誠実先生
情報屋/誠実先生
今年、”絶対“合格する
電卓/六法先生
電卓/六法先生
今年、合格する予定

試験に臨むスタンスが違うと、試験の受け方にも違いが出ていて面白かったです。

会場入りの時間・試験がはじまるまで

情報屋先生
情報屋先生
試験の説明が始まる30分くらい前に試験会場に入っていたかな。席についてからは、あらかじめ直前に見ると決めていたメモを見ていました。あとは、試験の雰囲気に呑まれないように、周りの受験生をあまり見ないようにしていたな。
誠実先生
誠実先生
本試験当日は、目覚めてから脳が活性化する時間を考えて起きるようにしていました。試験会場には、会場の雰囲気に慣れるために、試験の説明が始まる30分前には入っていました。ギリギリに入ると試験の雰囲気に呑まれそうな気がして^^;。
電卓先生
電卓先生
試験会場には、試験の説明が始まる直前に入っていました。試験会場には試験を受けている間ずっといないといけないので、出来るだけ試験会場にいる時間を少なくしたかったですね。
六法先生
六法先生
試験会場には早く着いていたけど、試験会場に入った時には、試験の説明が始まっていた記憶がw。試験を受けるのに気持ちに余裕があったので、ギリギリに入っても特に問題はなかったな。

択一式問題は、全肢検討するか否か

択一式試験は、1題5肢で出題されます。ここでは、5肢全てを検討して解答する方法を「全肢検討」、5肢全部を検討せずに2~3肢で解答する方法を「軸足検討」と呼びます。

情報屋先生
情報屋先生
午前も午後も、択一式試験は全肢検討していました。合格年度以前は、午後は全肢検討せずに軸肢判断で解答していたけど、全肢検討しないがために間違えることがあったので、午後も全肢検討するようにしました。
誠実先生
誠実先生
午前は全肢検討、午後は問題にもよるけど、主には軸足検討をしていました。
電卓先生
電卓先生
午前は全肢検討、午後は軸足検討をしていました。午後は予備校でも軸肢検討するように指導されていたので、それに従ってそうしていたというのもあります。
六法先生
六法先生
午前も午後も軸足検討をしていました。文章が長い肢は読まずに、短いものから読んで解いていたな。

午前の部択一式試験の問題を解く順番

情報屋先生
情報屋先生
午前の部の択一式試験は、まず始めに民法の親族相続を解いて、次に刑法→会社法・商法→民法の残り→憲法の順で解いていました。あまり考えずに知ってれば解ける問題から順に解いていった感じです。ただ、基本はその順番で解いていたけど、個数問題は後回しにしていました。組み合わせ問題の方が解きやすいので。
誠実先生
誠実先生
私は初めに全部の問題をパラパラ見て、解きやすそうな問題から解くようにしていたのだけど、基本的には第4問の民法から解いていました。第1問の憲法は後回し。憲法は文章題を読まないといけないので、脳がまだ本調子でない時に解くのは得策ではないと思って。大体1時間20分~30分くらいで、全部の問題を一通り解き終わったかな。
電卓先生
電卓先生
問題を解く経過時間を計って解いていたので、1問目から順番に解いていました。憲法から解いていき、民法→刑法→会社法/商法の問題に入る時間を確認しながら解いていました。大体1時間30分~40分くらいで、全部の問題を一通り解き終わったかな。
六法先生
六法先生
軸足検討をして、一通りの問題を1時間で終わらせるようにしていたかな。で、残りの1時間で検討していない肢を見て見直しするみたいな感じで解いていたな。憲法は他の科目に比べて検討時間が長くなるけど、長くても10分以内に解くようにしていたよ。
情報屋/誠実先生
情報屋/誠実先生
憲法は検討時間が長くなるから、他の科目を解いた後、最後に解いていたな。初めにリズムよく問題を解いていきたかったから。
六法先生
六法先生
憲法の問題を解くには頭を使うから、頭が疲れていない初めに解いていたよ。
情報屋/誠実先生
情報屋/誠実先生
憲法は知識として知らなくても時間をかければ解ける問題もあるから、最後に残った時間を使ってじっくり解いていたな。
電卓/六法先生
電卓/六法先生
憲法の検討にいくら時間がかかっても、午前の部の試験は全部の問題を解き切るのに時間が足りなくなることはないと思っていたから、最初に解いても問題なかったよな。
情報屋/誠実先生
情報屋/誠実先生
リズムよく解ける憲法以外の問題を先に解いて、解ける問題を解けたという安心感を先に得たかったというのもあるよね。
電卓/六法先生
電卓/六法先生
へー、そうなんだ。

お昼ごはん・お昼休憩

情報屋先生
情報屋先生
お昼ごはんは、おにぎり2個を朝買って、教室で食べていました。あとは、糖分も必要かなと思って、チョコレートを常備していましたw。お昼ごはんを食べた後は、午後の試験の前に見直したいところをちょっと確認して、あとは目を閉じていたかな。脳を休ませるために。
誠実先生
誠実先生
私もお昼ごはんは、おにぎり2個を持ち込んで、教室の外の階段で食べていました。おにぎり2個にしたのは、模試で色々試してみて、この量が一番自分に適した量だと思ったからです。あと、リフレッシュするために、お昼休憩の時に、合格者の人に電話して、午前の試験の話をしたりしました。
電卓先生
電卓先生
私もお昼ごはんは、朝おにぎり2個を買って、教室の外の人がいない場所で食べていました。お昼は教室の外に出て、リフレッシュしたかったです。
六法先生
六法先生
お昼ごはんは、ヴィダーインゼリーと栄養ドリンク・チョコレートを教室で食べていました。食べた後は教室の外に出て一息入れていました。
誠実先生
誠実先生
お昼ごはんの量は、みんなあまりお腹いっぱいにならないようにしていた感じだね。
情報屋先生
情報屋先生
私はお昼は一人で過ごしてたけど、みんなはどうしてた?
3人の先生
3人の先生
一人で過ごしてたよ。
六法先生
六法先生
午前の試験の話をしている人もいたけど、終わったことの話をしても意味ないなーと思って、お昼休みに人と午前の試験の話をすることはなかったな。

午後の部択一式・記述式試験の時間配分・問題を解く順番

情報屋先生
情報屋先生
午後の部の試験は、択一70分→商業登記記述40分→不動産登記記述60分→見直し10分を目安に、問題を解くようにしていました。商業登記記述の方が不動産登記記述よりも得点できる感覚があったので、あとで時間が無くなって時間切れで解けなくなることがないように、商業登記記述を不動産登記記述よりも先に解いていました。
誠実先生
誠実先生
私は、択一70分→不動産登記記述45分→商業登記記述60分→見直し5分ですね。不動産登記記述の方が得意意識があったので、先に解くようにしていました。商業登記記述は、ただひたすら書く作業が多いので、終わり時間が近づくにつれて締切効果でスピードアップして書く作業が出来る気がしていたので、最後に解いていたというのもあります。あと、択一を解いている途中、25分くらい経った頃に一度”無”になる時間を少し取って脳を休めていたかな。
電卓先生
電卓先生
私は、択一55分→不動産登記記述60分→商業登記記述50分→バッファ10分です。あと、気分転換をするために、不動産登記記述と商業登記記述の間か、不動産登記記述を解いている途中で、5分程必ずトイレにいくようにしていました。トイレにいくことで、頭をクールダウン出来たり整理できたりするので、試験中に席を立つのは自分の中ではとても良いルーティンでした。
六法先生
六法先生
択一50分→不動産登記記述60分→商業登記記述50分→バッファ20分です。私も気分転換のために途中でトイレに行ったり、机に突っ伏したりしていました。不動産登記記述の方が、商業登記記述よりも頭をフル回転させないといけない感覚があったので、まだ体力のある中盤に不動産登記記述を解いていました。
情報屋/誠実先生
情報屋/誠実先生
俺らは水分調整をしてトイレに行かないようにしていたけど、あえてトイレに行く時間をとるとは、驚きだ。午後の試験って1分1秒も無駄にしたくないと思っていたけど。
電卓先生
電卓先生
必要に迫られてトイレにいくのではなく、あくまで自分のタイミングで気分転換のために行っていたのですよ。切羽詰まるとパフォーマンスを発揮できないので、トイレに行く時間を持てるくらいの余裕を持って、問題を解くようにしてましたね。
六法先生
六法先生
トイレに行くのは、自分で勝手に休み時間を取る感覚だよな。まぁ、合格年度の前年度は、トイレにいったがために見直しの時間がなくなって、落ちたけどな笑。
電卓先生
電卓先生
本当にトイレに行きたくて席を立つ人よりも、気分転換のためにトイレにいく人の方が、実は多かったりしてね。

試験後(自己採点など)

情報屋先生
情報屋先生
試験が終わったら、すぐに択一式の自己採点をしました。家に着いたら記述式の再現答案を書きました。その後、予備校が配信している振り返り講座を見て、データリサーチに登録しました。試験が終わった後も忙しかったな。
誠実先生
誠実先生
家で自己採点しました。予備校が配信している講座は視聴しませんでした。データリサーチにも登録しませんでした。予備校の配信では予想基準点が発表されるみたいだけど、待ってればそのうち正式な点数が発表されるので、それまで待ってればいいやと思っていました。
電卓先生
電卓先生
家で択一式の自己採点して、予備校が配信している試験の総括の講座を視聴しました。データリサーチにも登録しました。記述式の再現はしませんでした。
六法先生
六法先生
俺は試験問題を会場に捨ててきたので、自己採点はしなかったな笑。

LECでは、本試験当日のサポート企画として、「司法書士筆記試験解答速報・解答速報会」、本試験のサポート企画として、「司法書士本試験徹底検証会」を実施予定です。本試験の振り返りに是非お役立て下さい。

LECの「受験生応援サイト」のページ>>

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ 

このエントリーをはてなブックマークに追加