[運営/監修]小林司法書士事務所/木村会計法務事務所[お仕事/メディア取材/講演のご依頼]
資格試験・受験生・就活

[司法書士試験]認定考査の勉強と過去問[情報屋先生の資格試験情報]

司法書士認定考査

司法書士は、簡易裁判所での訴訟代理等関係業務をすることができます。

ただし、この業務が出来るのは、簡裁訴訟代理等能力認定考査(以下、認定考査)に合格した後に、日本司法書士連合会の登録を受けた司法書士(=認定司法書士)のみです。また、認定考査を受けるためには、事前に日本司法書士連合会主催の特別研修を修了する必要があります。

今回は、認定考査合格にむけての勉強について、4人の現役司法書士がざっくばらんに話します。

情報屋/誠実先生
情報屋/誠実先生
認定考査には、4人とも同じ年に一発合格していますね。
電卓/六法先生
電卓/六法先生
認定考査はちゃんと勉強すれば受かる試験ですね。

認定考査合格に向けての具体的勉強法

情報屋先生情報屋先生

本腰を入れて試験勉強を始めたのは、ゴールデンウィークが明けてからでした。試験日は6月の第1週の日曜日だったので、試験までは3週間程の勉強期間がありました。

限られた期間で勉強をして合格するために、まずは勉強計画を立てました。勉強時間は、1日約2時間×3週間(21日)=約42時間で出来ることに勉強範囲を絞ることにしました。

やったのは、①過去問の見直し、②「要件事実ドリル」の通読です。

何がどんな風に出題されるのかを把握するために①過去問の見直しをしました。過去問を見直しする際は、不安なところや曖昧なところ以外は、時間短縮のために問題文を読んで頭で解答するようにし、解答を手で書くことはしませんでした。

過去問を一通り見直して、大体どんな問題が出題されるのかを押さえた上で「要件事実ドリル」を読みました。先に過去問を見ていたおかげで、「要件事実ドリル」はポイントを掴みながら読めた感じがありました。

認定考査に向けての勉強は、「過去問を1回見て、「要件事実ドリル」を読んだ、以上。」です。

情報屋先生
情報屋先生
多少の不安は残しつつも、「なんとかなるだろう」という気持ちで試験を受けました。試験当日、試験前に会場で電卓先生に会い、参考書を開いて直前まで勉強をしている方達がいる中、優雅に世間話をしていたことも良い思い出です。あまり気負いせずに、変に肩に力を入れずに受けたのが、結果良かったのかも。

 


誠実先生誠実先生

私が試験勉強を始めたのは、ゴールデンウィーク明けからです。毎日1日2~3時間、休日にはもうちょっと勉強していたので、合計で50時間程勉強しました。

私はまず「要件事実ドリル」を読みながら「要件事実ドリル」に収録されている問題を解いた後に、過去問を解きました。過去問を解いた後の見直しの時には、過去問に関連する「要件事実ドリル」のページを確認しました。

過去問は、最新年度から直近10年分を解きました。出題傾向を掴むためにも、過去問は1度は解いたほうが良いと思います。

誠実先生
誠実先生
特別研修で基礎を身に着けていたので、あとは過去問を解いてテキストを読むことで、知識の精度をあげていきました。認定考査は勉強しないと合格出来ないけど、勉強すれば必ず合格できる試験だと思います。仕事が忙しい等の理由でなかなか勉強時間が取れない方も、特別研修で得た知識が記憶に残っているうちに、合格を目指して勉強するのが良いと思います。

電卓先生電卓先生

私が試験勉強を本格的に始めたのは、ゴールデンウィークが明けてからです。日々の仕事の忙しさに波があったので、仕事が忙しくない日に集中して勉強をしていました。

始めに「認定司法書士への道」を通読し、その後に過去15年分の過去問を解きました。過去問を解いて分からなかったり確認したいと思ったところは、「認定司法書士への道」に戻って確認していました。

電卓先生
電卓先生
1年分の過去問を解くのは大体1時間くらいだったので、1時間で問題を解いて、その後2時間くらいで確認をしていた感じです。

倫理の問題対策には、「司法書士 簡裁訴訟代理等関係業務の手引」を読みました。倫理問題は過去問を解いて、「手引」を読めば解答出来ると思います。

あと、司法書士会で認定考査対策の研修が2回あったので、それに参加しました。

私が勉強したのは以上で、特別研修の時の課題を見直したり、まとめノートを作ったりはしませんでした。

電卓先生
電卓先生
認定考査に合格するのに過度な勉強は必要ありませんが、要件事実をしっかりと理解し、過去問を解いて対策を立てて最低限やるべき勉強をやれば、合格できる試験だと思います。

六法先生六法先生

私は4月中に1週間かけて「認定司法書士への道」を通読しました。その後、過去問を平成23~27年の5年分を1回解きました。

その後は、出題されそうな論点を「認定司法書士への道」で集中して確認しました。5月に入ってからは、仕事の合間のスキマ時間に要件事実を主に確認していました。自宅以外でも確認できるように、要件事実と過去問はスマホに入れて持ち歩いていました。

過去問は、4月に5年分を解いた後は、解くのではなく、”読んで”出題形式と解答パターンを理解していく感じで活用していました。

六法先生
六法先生
勉強方法を決めるためにも、どんな風に問題が出題されるかを過去問で確認するのは大事だと思います。あと、倫理の問題は勉強すれば必ず正解できるので、倫理で得点を稼げるようにちゃんと勉強すると良いと思います。

過去問の入手方法

認定考査の過去問は、日本加除出版から「『第3版 ながめてわかる!司法書士 特別研修 認定考査対策と要件事実の基礎』別冊 司法書士認定考査過去問題・解答集〔第1回~第18回〕」が発売されています。

また例年、司法書士試験合格者が辰巳法律研究所さんに司法書士本試験の記述式試験の開示請求答案を送ると、認定考査の過去問を頂けます。

参考:法務省の開示請求の手続きのページ

参考:辰巳法律研究所さんの「平成30年度試験の開示請求答案募集のご案内」ページ

※今年の情報は、辰巳法律研究所さんの公式ページでご確認ください。

誠実先生
誠実先生
認定考査に合格するためには、司法書士本試験ほどの勉強は必要ではないけれども、勉強しないと合格は難しいですね。
電卓先生
電卓先生
そうですね。自分でちゃんと勉強しないと、特別研修を受けただけでは合格は出来ないですね。
六法先生
六法先生
特別研修では基本を学んだので、あとは最低6割程得点出来るように自分で問題が解けるように勉強しないといけないッスね。認定考査は全体の6割得点すれば合格出来るので。
誠実先生
誠実先生
認定考査は、司法書士本試験に合格した年度に実施される特別研修を受けて、その年の認定考査に合格する気持ちで受けるのが良いと思います。本試験直後だと勉強する姿勢がまだ残っているし、試験に対するモチベーションも維持しやすいので。

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ 

このエントリーをはてなブックマークに追加