[運営/監修]小林司法書士事務所/木村会計法務事務所[お仕事/メディア取材/講演のご依頼]
資格試験・受験生・就活

[司法書士試験]合格年度に受けた予備校の模試(伊藤塾/LEC/TAC)[情報屋先生の資格試験情報]

司法書士試験予備校模試

今回は、4人の司法書士が受験生の時に受けた予備校の模試について、ざっくばらんに話します。

合格年度に受けた模試の回数は?

情報屋先生
情報屋先生
合格年度には、「伊藤塾」の模試を2回受けました。伊藤塾の講座を取っていたので、そのままの流れで伊藤塾の模試を受けることにしました。模試を受け過ぎると、自分の勉強時間が圧迫される気がしたので、2回くらいでちょうど良かったと思います。
誠実先生
誠実先生
5月に2回、6月に2回、計4回受けました。前々年度は6回受けたけど結構しんどかったですね。で、前年は2回にしたけど、ちょっと足りなかったかなと。なので、合格年度は4回にしました。

受けたのは、「LEC」の模試を2回、「伊藤塾」の模試を2回です。LECと伊藤塾の模試を受けたのは、それぞれに解きやすさや難易度が違っていて、予備校ごとに模試にも特徴があるので、一つの予備校に絞るよりは複数の予備校の模試を受けた方が良いと思ったからです。

電卓先生
電卓先生
私は「TAC」のカリキュラムに含まれていた「全国実力Check模試」を1回、「全国公開模試」を3回、計4回受けました。私はTACのカリキュラムを信頼していたので、模試もカリキュラムに含まれているTACの模試を4回受ければ十分だと思っていました。スケジュール的にも、4回以上受けるのは厳しかったように思います。
六法先生
六法先生
LEC」を4回、「TAC」を2回受けたな。合格年度には基準点は超える自信があったから、あとはどんなパターンのものが来ていても対応できるようにしたかったので2社受けました。でもその分、他の勉強に充てる時間が無くなった記憶はあるw

予備校の模試の印象は?

情報屋先生
情報屋先生
伊藤塾」の模試は、本試験の形式(問題の掲載方法やマークシート・記述の解答用紙)・難易度に近かった印象があります。
誠実先生
誠実先生
各予備校の模試の難易度は、「伊藤塾」易しめ、「LEC」標準(本試験に近い)、「TAC」難しめといった印象です。あくまで私個人が感じていた難易度ですが、「合格点をとってやる!」といった気合いが入ったので、TACのような難しい模試を受けるのも良いと思います。
電卓先生
電卓先生
TAC」の模試は「難しい」といった意見もありますが、私はあまりそうは感じませんでした。TACに通っていたので、TACの出題形式に慣れていたというのもあるのかもしれませんね。どこの予備校の模試を受けても良いと思いますが、自分が本試験の出題形式や難易度になるべく近いと思うものを受けるのが良いですね。
六法先生
六法先生
俺も「TAC」の模試は難しいという印象を持っていたな。実際、TACの模試を受けて、結果が良く無くて傷ついた記憶がある笑。

予備校の模試を受ける心構えは?

情報屋先生
情報屋先生
「模試は本試験のように、本試験は模試のように。」予備校の講師から言われていた言葉です。模試を受ける際には、会場に入る時間、問題を解く順番、お昼休憩の過ごし方等、できるだけ本試験と同じように受けていました。
誠実先生
誠実先生
本試験を意識して受験するようにしていました。例えば、トイレにいかなくても良いように、水を飲む量の調整とかも考えていました。お昼ごはんも、どれくらいの量を食べたらベストなパフォーマンスが発揮できるのかを色々試してみて、最終的には”おにぎり2個”がいいなと思ったので、本試験もそうしました。模試は、本試験で実力を発揮するためにどうすればいいかを色々と試せる場でもありますね。
電卓先生
電卓先生
私は、問題を解く時間を意識して解いていました。何問目を何分で通過できるかを時間を計っていました。司法書士試験は時間勝負なところもあるので、時間を意識して問題を解くのは大事かなと。あと、午後の択一式試験は、全肢検討せずに、2~3肢だけで検討して、どれだけ正解できるかも試していたかな。
情報屋/誠実先生
情報屋/誠実先生
時間を計って解くのは、俺らもやってた!
誠実先生
誠実先生
問題を解く順番も色々試したかな。午前の部の択一式試験は、第1問は憲法から始まるけど、憲法よりは民法の方が解きやすかったので、第4問の民法から解いてたな。
六法先生
六法先生
よく言うけど本試験のつもりで受けることだよね。どうしても本試験と比べると緊張感無くなってしまうけど・・その分時間配分をきつめにしたり、目標点数を高めにしたりして自分にプレッシャーかけながらやってましたよ。

予備校の模試の復習はどうしてた?

情報屋先生
情報屋先生
模試では新しい知識を習得するのではなく、本試験のシミュレーションをする場だと思っていたので、模試の復習はあまり念入りにはしませんでした。基礎的な問題を間違えてしまっていたら、その問題を見直すくらい。
誠実先生
誠実先生
模試の問題は、全肢見直していました。見直すことで、知らなかった新しい知識も頭に入れれて、記憶に残すことができるので。模試で間違えた問題を集めて「間違いノート」を作って、復習は継続的にしていました。
電卓先生
電卓先生
私は、模試の復習では、模試の時間中に検討しなかった肢も含めて、全肢見直していましたね。復習には、模試の翌日に1日あててたかな。分からない問題は、テキストに戻って確認していました。模試の復習は、その1日だけで、その後に模試の復習をするといったことはなかったかな。
六法先生
六法先生
復讐!大事だって言われるけど、明らかに点数削りに来てる問題や、わかりきってる問題はしないようにして、どこを自分が忘れているかをチェックする感覚で復習してたな。あとは、模試の間に検討しなかった肢は見直していたかな。

予備校の模試の結果は、どう捉えてた?

情報屋先生
情報屋先生
「本試験の日に実力のピークを持っていけばいいや」くらいの気持ちで受けていたので、解けない問題があったり模試の結果が良くなくても、あまり気にすることはなかったです。
誠実先生
誠実先生
模試の結果は、多少は気になったかな。長い年数試験を受けていたら、短期受験生よりも模試の結果は気になるものかも。
電卓先生
電卓先生
点数がとれたとれなかったよりも、どの問題を正解して、どの問題が不正解だったのかを気にしていましたね。基礎的な問題を落としていた場合は、その問題はしっかり復習をしました。
六法先生
六法先生
俺は合格年度は合格判定しか取ってなかったから気にならなかったけど、合格判定じゃなかったら気になっていたかも。模試は6回受けたけど、最後の2回は結果を見さえもしなかったな。最後は、模試は本試験のシミュレーションであり、試験慣れするために受けに行っていたような気がする。

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ 

このエントリーをはてなブックマークに追加