[運営/監修]小林司法書士事務所/木村会計法務事務所[お仕事/メディア取材/講演のご依頼]
資格試験・受験生・就活

[司法書士試験]合格年度の直前期の勉強方法(伊藤塾/LEC/TAC)[情報屋先生の資格試験情報]

司法書士試験合格年度の直前期の勉強方法

今回は、4人の司法書士が合格年度の直前期の勉強方法について、ざっくばらんに話します。

合格年度の直前期(4~6月)の一日の平均勉強時間は?

情報屋先生
情報屋先生
平日は仕事をしていたので、平日は3~4時間、休日は8~10時間くらいしていたかな。平日は出勤前に記述式の問題を解いて、帰宅してからは主に択一の過去問を解いていました。仕事をしている時間も、移動中に予備校の講義を聴き流ししたり、待ち時間にテキストを読んだりして、スキマ時間を活用して勉強をしていました。
誠実先生
誠実先生
平日は3時間程度、休日は8時間程度勉強していました。25分1セットで勉強していました。時間を計って25分経ったら、キリが悪くても強制的に勉強をやめて一息入れていました。そうすることで、勉強のリズムが作れて良かったです。直前期は毎日勉強していました。
六法先生
六法先生
専業受験生だったので、毎日10時間くらい勉強していたかな。あんまり長く机に向かっていても、集中力が持たないので、15分1セットで勉強していたな。新しい知識を吸収するというよりは、身に着けたことを忘れないように知識を維持することを意識して勉強していたッスよ。
電卓先生
電卓先生
仕事のない日は、1日平均して8~9時間くらい勉強していました。毎日必ず勉強していたわけではなく、仕事のある日は、勉強はほとんどやっていないです。TACのカリキュラム以外のこと以上の勉強をすることはなかったかな。
誠実先生
誠実先生
カリキュラムだけこなしてても受かる保障はないと思うんだけど、カリキュラム以上のことしようとは思わなかった?
電卓先生
電卓先生
カリキュラム以上のことをやっても受かる保証が無いから、どうしようもない気がするけど。
情報屋先生
情報屋先生
それはそうなんだけど、やってもやっても完璧になることがないから、もっと勉強しなきゃとかは思わない?
六法先生
六法先生
完璧になることなんてないんだから、ある程度の割り切りも必要なんじゃない?
電卓先生
電卓先生
分からないことはカリキュラムの中で分かるようにしていけばいいですよね。カリキュラム以外のことをする意味が正直分からないし、カリキュラム以外のことをする勉強時間もなかったですよ。

合格年度に使用していた”択一式”のテキスト・問題集は?

情報屋先生
情報屋先生
テキストは、予備校の入門講座のテキストを使っていました。問題集は、LECから出版されている「合格ゾーン」を使っていました。「合格ゾーン」を使っていた理由は、問題収録数が他の問題集に比べて多かったからです。ただ、全ての問題を満遍なく解くのではなく、「もうこの問題は今後出ないだろう」といった問題は、繰り返し解かずに飛ばして解いていました。「合格ゾーン」は解説が分かりやすく、ポイントや類似論点が表にまとまっていたりしていたのも良かったです。
誠実先生
誠実先生
主には「合格ゾーン」を使っていました。仕事中の移動時間等、スキマ時間には伊藤塾の「3300選」を持ち歩いて勉強していました。テキストは伊藤塾の入門講座のテキストを使っていました。
電卓先生
電卓先生
私はTACの講座のカリキュラムに含まれていた「択一式理論編」というテキストを使っていました。問題集は「択一式実践編」の問題を使っていたので、市販の問題集は使っていません。
情報屋/誠実先生
情報屋/誠実先生
市販の問題集を使っていないってすごいなー!TACのカリキュラムの問題集見てみたい。
電卓先生
電卓先生
TACから届くものだけをやっていましたよ。カリキュラム外のことをやれる時間もなかったのもあるし、TACのカリキュラムをやっていれば合格できると信じてやっていました。
六法先生
六法先生
主には過去年度に受けたLECの答練を繰り返し解いていました。外出している時は、スマホアプリで1問1答を解いていました。スマホには六法を入れていたので、問題を解いて分からなかったり確認したいところがある時は、スマホで六法を確認していました。

合格年度に使用していた”記述式”のテキスト・問題集は?

情報屋先生
情報屋先生
記述式は、「オートマ」の記述式問題集を繰り返し解いて、自分なりの解答プロセスを確立させることを意識して勉強していました。問題を解いていて分からなかったり、確認したいことがある時に予備校の入門講座のテキストを見たくらいで、テキストを読み込んで記述式の勉強をするといったことはありませんでした。「オートマ」の不動産登記法の問題は、1問を短時間で解ける分量だけど、その中に沢山の論点が詰まっているのが良かったです。
誠実先生
誠実先生
伊藤塾の記述式講座の問題を解いていました。過去問は一切解いていません。記述式問題は、実体判断と架橋判断をいかに出来るかが重要ですね。
電卓先生
電卓先生
TACの講座のカリキュラムに含まれていた記述式問題を解いていました。TACのカリキュラムには、基礎講座と実践問題を解く講座があったのが良かったですね。
六法先生
六法先生
LECの答練で出題された問題を解いていました。答練の問題は予備校が過去問を分析して出題する予想問題なので、過去問を解くよりも良いと思うよ。

合格年度の主な勉強場所は?

情報屋先生
情報屋先生
主に自宅で勉強していました。前年度までは自習室やカフェ等、自宅以外の場所でも勉強していましたが、移動時間が勿体なく感じたり、一日になるべく複数の教科を勉強したかったので、沢山のテキストや問題集を持ち歩くのが億劫に感じたりして、最終的には勉強場所は自宅に落ち着きました。
誠実先生
誠実先生
子供の面倒がすぐに見れるように、主に自宅で勉強していました。たまに気分転換で喫茶店で勉強していたかな。家族が寝静まった後に、部屋の電気をつけずにデスクライトだけつけて勉強していました。自習室で勉強して勉強が捗ったこともあるけど、自習室に人が密集していて勉強しにくい時もあったかな。
電卓先生
電卓先生
TACのカリキュラムはネット受講していたので、講義がある間は自宅で勉強していました。カリキュラムが終わってからの直前期は、丸1日勉強出来る時は、TACの自習室で勉強していました。TACは自習室の数も多くて広々と使えたのが良かったですね。少ししか勉強できない日は、自習室にいくのは非効率だと思ったので家でしていました。
六法先生
六法先生
近くに自習室が無かったので、主に自宅で勉強していたな。いかに勉強しやすい部屋にするかを考えて、勉強に集中できる環境を作っていたッスよ。

合格年度に予備校の直前対策講座は受講した?

情報屋先生
情報屋先生
とにかく過去問を繰り返し解くことを重視していたので、予備校の直前対策講座は受講しませんでした。
3人の先生
3人の先生
直前講座は受けてない。
電卓先生
電卓先生
講義を受けるよりは、直前期は自分で勉強する時間を多く取りたかったかな。
情報屋先生
情報屋先生
予備校の直前対策講座は、頻出論点を短時間で復習出来たり、苦手分野を克服できるコンパクトな講座が沢山あるので、自分が必要だと思ったものがあれば受講するのも良いと思います。

息抜きはどうしてた?

情報屋先生
情報屋先生
1週間に1回は、友達と飲みに行ったり、テレビを見たりと、勉強から離れても良い時間を決めて息抜きをしていました。あまり根詰め過ぎると心も体も持たないと思ったので、適度な休息も自分には必要な時間でした。
誠実先生
誠実先生
家族との時間が息抜きになっていました。買い物に行ったり遊園地に行ったり。テレビを見たり、友達と飲みにいくことはあまりなかったかな。
電卓先生
電卓先生
予備校のカリキュラムを淡々とこなしていて、それ以上に根詰めて勉強するようなことはなかったので、あえて「これで息抜きをしよう」と思ってはいなかったですね。日常生活の中に勉強時間がある感じだったので、普段通りにたまに飲みにいったり、遊んだりしていましたね。
六法先生
六法先生
俺も淡々と日常生活を送って、日常生活の中に勉強時間がある感じだったので、あえてこの日に息抜きしようとは決めてなかったな。遊んだり飲みにいったりしていたのが、結果的に息抜きにはなっていたけど。


 

にほんブログ村 士業ブログへ

このエントリーをはてなブックマークに追加