[運営/監修]小林司法書士事務所/木村会計法務事務所[お仕事/メディア取材/講演のご依頼]
コラム・その他

[序章3]具体的に実現方法を考えてみる。そして悩む私。(情報屋先生のつぶやき)

序章3:実現方法を考える

情報屋先生
情報屋先生
「ステイ法務」が出来るまでの過程を、(情報屋先生のつぶやき)として5回に渡って紹介します。前回は、この活動をやる意味について考えたことを書きました。今回は、活動を具体化するにあたって考えたことを書いていきます。

前回までで、自分の中で何のためにやるのかがまとまった。

情報屋先生
情報屋先生
具体的に何をどう進めていこうか考えよう。

主軸となるコンテンツを考える

世の中には司法書士が発信する情報を受け取る手段は沢山ある。本であったりセミナーであったりネットであったり。

今はネットを使えば誰でも気軽に情報発信できるので、知りたいことをすぐに知ることが出来る。司法書士という名前でしている以上、間違った情報を発信しているものは無いはずなので、検索にひっかかったサイトやお気に入りのサイトで掲載されている情報は参考になる。司法書士というベースがあるので、それは確かな情報であって、有益な情報。

でも何かを知りたいと思った時、人は”比較して”検討することが多いのも事実。法律の条文や判例・制度などを調べたい時は、答えが決まっているのでたどり着いたサイトをもとに答えを見出せばいいけど、解釈の異なることを調べる時には、ネットサーフィンをして色々と比較検討して情報を精査した上で、自分の中で納得した答えを出す。

色々と見ていると、ネットでの情報発信は、一つの事務所の一人の先生が書いているブログであったり、一つの法人や団体が統率した内容を掲載しているサイトであったりすることが多い。ひとつのサイトの中で色んな見解が知れたら便利で役に立つサイトになるし、他と差別化も出来るんじゃないか。自分がもともとやりたいと思っていたことともリンクする。

情報屋先生
情報屋先生
やはり4人の考え方や発言がメインコンテンツになるサイトが良さそう。

ターゲットや進め方を考える。そして一瞬悩む。

ターゲットを考える

誰に向けて情報を発信するのか。「誰から信頼を得たいのか」「誰に向けて認知度を向上させたいのか」といった観点から考えてみる。

登記を必要とする人、相続に関わる人、はたまた司法書士を目指す受験生、etc。司法書士に関わる人や関わりがありそうな人を思い浮かべてみる。受験生に認知度を向上させる必要はあまりないけど、結局、司法書士業務と関係することに関わる人全部だなw。ペルソナ手法等を推奨している人からは笑われそうな漠然としたターゲッティング笑。

でも総合型の問題解決サイトになれば、すそ野が広がって司法書士自体の認知度やサイトの認知度も上がるし、あらゆる方面の問題を抱える人や情報を知りたい人が参考に出来るサイトとして信頼を得ることも出来る。やっていく中で範囲を絞った方が良いという判断をすることも出来るし、初めはこんな感じでゆるく始めて、色々と試行錯誤していけばいいか。

進め方を考える

①議論するテーマ設定→(準備)→②議論→③記事化→④確認・追記・修正→⑤公開。ざっくり書くとこんな感じかな。

まずはテーマが決まらないと始まらない。世の中に必要とされていること、最新判例や法改正、司法書士の仕事のことetc、テーマになりそうなものは沢山ある。しかし議論をするには、そのテーマに関する前提知識が必要。というわけで、議論に入る前に準備期間も必要。

議論はどれくらいの頻度でどこでしよう?この活動以外にも本業があるので、無理のあるペースでやっては継続することが難しい。週一で集まれる人で集まってやるくらいの感じが良いかな。毎回リアルな場で集まって話すのも難しいので、ZOOMやSkypeなどのオンライン会議ツールを使ってやったら負担も少なそう。

話した内容をまとめて記事にするのは、ある程度フォーマットを決めて、そこに当てはめていく形で作れば、1からネタを考えて作る訳ではないので、時間もさほどかからず問題なさそう。サーバー上で作成したら、オンラインで分担作業でも出来そうだし。

その他、諸々必要なことを考える。そして悩む。

サーバー代やドメイン代等の活動資金はどうするか、サイトのカテゴリ分けやデザインはどうするか、ゴールをどこにもっていくか、etc…。

ここまで考えたところで、ふと思った。

情報屋先生
情報屋先生
突っ走りすぎかな…。

声かけしてからここまでで2日間。自分が声かけした手前、ある程度のリードは必要だろうけど、もっとフラットな状態からみんなで話し合って決めるべきではなかろうか…。でもこういうのって、勢いやスピード感も大事だしな…。悩んだ末、次の集まりを待たずに、ここまでの一部を皆に投げかけてみた。

六法先生
六法先生
仕事早ぇッスね><
電卓先生
電卓先生
おお!企画書!さすがです^^
誠実先生
誠実先生
早速ありがとうございます!すごいなー!

感触は悪くなかった。良かった。そういえばこの人達は、人の意見はちゃんと聞くし、自分の考えと違っても頭ごなしに否定はしないけど、言う事は言うし、譲らないところは譲らないんだった。多少暴走しても大丈夫か^^;。それに研修の時は、与えられた課題に対する事前準備は、皆の方が自分よりはるかにやっていた。活動が具体的に始まったら、皆にリードされることになるだろうから、今のうちに自分のやれることはやっておこうw。

自分達の業務の特性上、仕事は条文や判例・先例等をもとに、法的根拠がどこにあるかを考えながら進めていく。でも実務をしていると、それだけでは良い結果を生むことができないこともある。相手の立場に立ちながらも、これまでに積み上げてきた人生経験であったり、信念であったり、自分の頭の中の思考と専門知識を組み合わせて最適な結果を導くことがある。

4人であるテーマに従って議論をすることで、多面的なモノの見方が出来そうだし、新しい発見も当然にありそうで、脳のシワも増えそうw。自分達以外にどれだけの人が興味があるのかは未知数だけど、そういったことにちょっと興味がある人が、のぞき見したり盗み聞き出来たりできるサービスにもなりそうで楽しみ。

情報屋先生
情報屋先生
今回はここまでです。次回は「法務とは何か?議論し、それを公表する意味」です。

—after comments—

誠実先生
誠実先生
ステイ法務の活動は、目的意識を持ってしないといけないよね。まずは法務を必要としている人に有益な情報を届けることは勿論のことだけど、この活動を通して、自分達だけじゃなくて、司法書士業界が盛り上がっていけばいいなとも思ってる。
情報屋先生から投げかけられた後、私なりにステイ法務の活動をする意味を考えました。詳細は次回の記事で公開されますが、まずは自分たちが専門家として“法務”を知り、適時適切なアドバイスができること、そして一般の人々に“法務”を知ってもらうことが重要と考えました。そしてこれらを達成するために法務の論点について議論し、発信するという手法がいいのではないかと思いました。
六法先生
六法先生
情報屋先生、ほんと仕事早いッスよね~。特別研修の時にパソコンのキーボード打ってるの横で見てたけど、まるで魔法使ってるみたいだったッスよ。誠実先生と電卓先生からも刺激を受けることが沢山あるし、同じ年に試験に受かって皆と出会えてホント良かったッス!

にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ 

このエントリーをはてなブックマークに追加